猫の好酸球性肉芽腫症候群について

猫の好酸球性肉芽腫症候群について

激しいかゆみのために、落ち着きをなくしあちこちに耳をこすりつけたり、
ひっかいたりする。

そのため、二次的に皮膚の炎症や脱毛を起こしたり、外耳炎を併発することも多い。

フケや脱毛は、耳の周囲から頭、体全体にまで及ぶこともある。


猫の好酸球性肉芽腫症候群の症状とは
 
犬歯の上、後ろ足の後ろに出現。顎や口中もあり。

皮はげてビラン潰瘍。お腹や股の毛ぬけている。

・猫のアトピーの症状 → 紅斑 丘疹 ビラン潰瘍 外耳炎

             すごく痒くて掻き壊す

 ◎毛をなめて抜いてしまう  
 1 ノミやっつけてみる

 2 低アレルギー食

 3 ステロイド治療

は言葉を話せないため、の病気の進行が知らないうちに進んでしまいがちです。普段からのの健康チェックが大切です。外見からの健康状態を見る方法で、何か普段と違ったら早めに動物病院獣医師に相談しましょう。