猫の病気について

●猫の病気について


猫の病気は、初期の頃は飼い主も気がつきにくいものです。

猫が吐いたり、下痢をしたりして初めて、病気だとわかることもあります。

動物病院では、必要に応じて、問診や身体検査、糞便や尿検査、血液検査、レントゲンやエコー、心電図検査などを行い、適切な薬を出してくれます。


猫の病気には、伝染病をはじめとして、命にかかわるようなものもあります。特に、野良猫などと接触する機会のある猫は、病気にかかりやすいと言われています。