猫の目

ネコは、顔の大きさのわりにはかなり大きな目を持っている。動物(例えばヒト)における子供の目の大きさの比率に近く、これがネコを「可愛い」と思わせる一因にもなっている。

ネコの目の焦点距離は長いものは見えないと言われる。
瞳孔は、人間と違い縦に細長くなっている。

瞬時に瞳孔の大きさを変える事に有利と見られている。
野生状態で草むらのような縦長の視界で視覚を働かせるのに有利ともされる。

ネコの瞳孔は調整の範囲が広く、明るいところでは細長く、暗いところでは量を多くする。
瞳孔の広さはいわれている。
この層が光を反射するため、わずかな光でも物を見る事ができ、夜間の狩猟が得意である(人間がこの原理を応用したのが影像増幅型暗視鏡―スターライトスコープ)。

暗闇の中でネコの目が光るのは、このタペタムが光を反射するためである。色は、三原色のうち青と緑を認識できるが、赤は認識できないといわれている。