猫の毛玉症の予防のためにも

猫の毛球症の予防には、ブラッシングが効果があります。
猫はセルフグルーミング(猫が自分の体を舐める行為)をしたときに、舐めた毛を飲み込んでいますが、通常は便と一緒に排泄されたり、溜まったらはき出したりして、猫は自分で体調管理をしています。

長毛種の猫に多いようですが、自分で飲み込んだ毛をうまくはき出せなかったりして胃の中で抜け毛が固まってしまうことがあります。
猫の毛球症という病気になってしまうこともあります。
毎日のブラッシングで抜け毛をなるべく取り除くことは、毛球症の予防になります。

は言葉を話せないため、の病気の進行が知らないうちに進んでしまいがちです。普段からのの健康チェックが大切です。外見からの健康状態を見る方法で、何か普段と違ったら早めに動物病院獣医師に相談しましょう。