猫の歴史

エジプト説によれば

 猫科の動物は古代エジプトの時代(5千年ほど前)において神格化されたのがじまりのようです。 古代エジプト時代の発見物には猫の壁画や猫のミイラなどが発見されているようです。

 ■いつから人間に飼われるようになったのか?猫ははじめ、古代エジプト人に、大切な食べ物をネズミから守る目的で、 飼い慣らされていたようですが、その後、猫は神聖な生き物とされ、崇拝され大切にされていたようです。

■猫が崇拝されてた!? 当時、エジプト人は、猫を可愛がり愛猫が亡くなると、エジプト人の飼い主は眉毛を剃って、喪に服してました。 そして猫の死体はミイラにされて、お墓に丁寧に埋葬されていました。そして昔のエジプト人は、 猫が高いところから逆さまに落とすと見事着地する姿を見て猫に神秘的な力を感じ神として崇拝するようになりました。

当時猫を殺したものは、死刑になったこともあるそうです。エジプト人の猫崇拝は、2000年間も続いたんだそうです。

           パステト女神

猫の起源
リビアヤマネコ Felis silvestris lybica が原種とされる。メソポタミアにおいて、穀物倉庫などに現れるネズミやノウサギを狩るために生活圏に頻繁に現れるようになり、倉庫に住み着くようになったのがといわれる。肉食性で穀物は食さないので益獣として認められ追い払われることはなかった