猫に食べさせてはいけない食べ物

猫に食べさせてはいけないもの

牛乳
普通にミルクっていいのかなと考えてしまいがちですが、牛乳は確かに様々な栄養素を含んでいますが、猫の完全食品ではありません。つまり、あえて与える必要はありません。また、ラクトース(乳糖のこと)を多く含むので、体内で消化しきれない場合、下痢の原因となりますので特に子猫の場合は、注意する必要があるでしょう。

醤油・塩
ドライ缶詰タイプのキャットフード以外に、魚や肉などを与える場合に、醤油や塩などで味付けをする人がおられますが、それは猫にとってはまったく必要のないことなんです。逆に、強い塩味などをつけると吐き気を起こしたりすることがありますし、健康上よくありません。同様に塩焼きの魚やみりん干しの魚なども注意が必要です。もし与えるのであれば、焼き魚も塩分をさ湯につけたりしてあげると少しはましかもしれません。


鶏のカラ揚げなどの油の濃いもの
油の濃い食べ物も吐き気や下痢の原因になりますので、あげないようにしてください。

鳥の骨・魚の大きい骨
猫にとって鳥の骨は禁物です。鳥の骨は鋭く尖った形に割れるので、口の中や喉を傷つけたり、また便秘の原因になったりして危険です。魚の骨も大きいものに限っては、注意が必要です。小骨までとってあげるほど甘やかすのはいけませんが、鯛の骨などのように大きい骨は避けたほうがいいです。

チョコレートなどの甘いもの
チョコレートなどの甘いものを食べ過ぎると心臓に負担をかけると言われています。また、猫の糖尿病も最近では時々見られるようになりました。成人病予防のためにもあげないようにしましょう。


完全に冷えたもの
長く冷蔵庫にしまっておいて、完全に冷えたものを冷蔵庫から出してすぐに与えるのは好ましくありません。寒冷刺激によって腸炎を起こすことがあります。 特に夏は要注意です。

ドッグフード
猫にドッグフードを与え続けると、体調を崩し最悪の場合失明することがあります。ドッグフードの中にタウリンが含まれていないからです。人間や犬の場合、体内でタウリンを合成することが出来ますが、猫の場合、体内で合成することが出来ず、食物から摂る必要があります。

※タウリンはアミノ酸の一種で、魚介類や軟体動物に多く含まれています。

は言葉を話せないため、の病気の進行が知らないうちに進んでしまいがちです。普段からのの健康チェックが大切です。外見からの健康状態を見る方法で、何か普段と違ったら早めに動物病院獣医師に相談しましょう。