猫に必要なしつけとは?

猫に必要なしつけとは?

猫にしつけるのは、正直大変難しいです。
猫は犬とは違って人間のために働いてくれたり、人間の召使的に「改良されてきた」動物ではないからです。



人間と一緒に共同生活していくために、猫に 最低限覚えて欲しいルールがあります。 猫 にとって人間との関係は「飼い主」と「ペット」 という認識ではないでしょう。


飼い主は餌をあげるだけ、トイレの掃除もして、可愛がるけれど、「これ」をしたら飼い主に叱られるとか、嫌がるとか、飼い主が悲しむとか・・ ・


だからやってはいけないことがあるんだと覚えてもらうことが大切です。仮に教えていなかったら、大事にしていたモノ (ぬいぐるみや陶器で出来たもの、仕事上の書類、PCのキーボードに勝手に乗ったり・・・)を壊されたり、イタズラされたり。


実際のところは「ペットの猫にしつけられる」方が楽かもしれません。
猫が興味を引きそうな小物を無造作に出していたりして、猫に落とされたとか、壊されたその上にネコが乗っかってクシャクシャにしたりとか・・ ・


こういう事柄に関しては、ペットの猫と同居する以上
「猫がいるから多少の散らかりやイタズラはしょうがない」
「でもそれに対して防衛策をとっていなかった自分のミス」と諦めて、 次回からは防げることであれば先回りして対策をとっておくことが大切です。


猫と暮らす上で起こるかもしれないハプニング、しかしそれが事前に予測できて防げることであれば、これは猫にやらないでと「お願い」 するよりも猫にしつけられながらやっていったほうが、ひとつひとつクリアーできていくと思います。

  

          猫

 

 は言葉を話せないため、 の病気の進行が知らないうちに進んでしまいがちです。 普段からのの健康チェックが大切です。 外見からの健康状態を見る方法で、 何か普段と違ったら早めに動物病院獣医師に相談しましょう。