ペット のお墓について

ペット のお墓について

ペット葬儀を依頼する飼い主は増えてはいます。
しかし、納骨した後、次はお墓へと考える人はそんなにいないそうです。

ある納骨堂では個別に供養される方は長くて7〜8年で、1年毎の更新時に
だいたい40〜50パーセントの方が合同慰霊碑へ埋葬されるそうです。

ということは、飼い主のお気持が本当に落ち着いてきたなら
他のペットとの合同で埋葬を希望される方も多いということです。

わたしたちと同じで、ペットのお墓 は、値段もけっこう高い(10万〜30万)ところが多く、また、それに伴って ペットのお墓 の管理料も継続的に発生します。
定期的にお参りに来れる飼い主やペットを、ずっと飼いつづけるようなお家以外は特に必要ないのかもしれません。


最近では「私のお墓に一緒に入れてあげたい」という飼い主も増えてきています。
 
最近テレビのニュースで、人間のお墓と一緒にペットのお骨を入れることができるところもあることが放送されていました。


近年では考え方も多様化していますし、気持の高まり具合によるところも大きいと思いますが、飼い主がそうしたいと考えるなら一度ご相談されてから決められるのもいいかもしれません。


は言葉を話せないため、の病気の進行が知らないうちに進んでしまいがちです。普段からのの健康チェックが大切です。外見からの健康状態を見る方法で、何か普段と違ったら早めに動物病院獣医師に相談しましょう。