子猫の食事( 1歳未満 の場合)

子猫の食事( 1歳未満 )

子猫は、生後1年で成猫となります。
成猫よりも栄養分が多く必要です。

栄養が不足がちになると、しっかりとした骨格、筋肉の形成が行えなくなります。
そのためにも、子猫の食事は、子猫専用のキャットフードを与えるようにしてください。
(子猫用のキャットフードは、一般のキャットフードより栄養価が高いためです)

離乳食も、子猫専用のキャットフードをお湯でふやかしてやわらかくして与えてください。
生後42日までは、授乳期ですので、母乳または代用乳を与えるようにして下さい。

離乳期の離乳食は、1日3〜4回に分けて子猫専用のキャットフードをお湯でふやかしてやわらかくしてから与えてください。

生後3ヶ月からは、ドライフードをそのまま与えるようにしていきます。
生後6ヶ月からは、1日の食事回数を2回にして下さい。



は言葉を話せないため、の病気の進行が知らないうちに進んでしまいがちです。普段からのの健康チェックが大切です。外見からの健康状態を見る方法で、何か普段と違ったら早めに動物病院獣医師に相談しましょう。